夜勤専従看護師の勤務体制はどうなっているの?

夜勤専従看護師の勤務体制

小さなクリニックや医院では夜勤のないところも多いと思います。そのような職場から24時間体制の大きな病院に転職したいと思った時に、気になるのが夜勤の時間帯や勤務体制だと思います。もちろん各病院で細かな部分は違ってきますが、基本的な部分は似たような感じになっていると思います。
夜勤専従看護師に強い求人サイトは?

まず、夜勤のある病院では「2交代制」か「3交代制」が基本だと思います。 2交代制の場合は日勤と夜勤のみで、日勤は8~9時間拘束で夜勤は16時間拘束(休憩+実働)が多いようです。 2交代制の夜勤の出勤時間は、日勤の人の退勤時間周辺の17時から18時くらいになると思います。

ただ、休憩ありでも16時間も拘束されるって長いなぁと思うかもしれませんが、夜勤明けの日は出勤扱いになり、翌日は休日になるところが多いので、夜勤は日勤よりも休む時間が多くとれます。

一方の3交代制の場合は、日勤と準夜勤、そして深夜勤があります。 24時間を3分割してそれぞれ実働8時間くらいになるそうです。 夜勤に対する負担は2交代制よりも軽くなりますが、夜勤明けは休日扱いになってしまうことが多いので、実質の休日というものは少なくなってしまいます。

どちらが良いということは個人の好みなのでわかりませんが、休日を多く取りたいのなら2交代制、体力に自信が無くて負担を減らしたいのなら3交代制の職場を選ぶべきでしょう。

因みに、夜勤にはそれぞれ夜勤手当がつきますが、国の規定により毎日夜勤に入るということはできなくなってします。 2交代制では月に最大4回までで、3交代制では月に最大8回までと定められているのです。

そして、夜勤手当に関しては、病院によって異なりますが、2交代制では1回で1万円前後、3交代制では1回で5000円前後が相場となっているようです。 なので、夜勤のある職場で勤務する場合、積極的に夜勤に入れば給料にプラスして4~5万円は手当がつくことになります。

若くて体力があり、結婚や出産の予定がなく時間の使い方が自由であれば、稼ぐチャンスだと思って夜勤のある職場へ積極的に転職していくのも良いと思います。

看護師が抱える子育ての問題

看護師として働きながら子育てをしようと思っている場合、いくつか考えておかなければならないことがあります。まず、小さな子供がいる場合は、夜勤がある職場を避けたほうがいいですね。

もし、今看護師として夜勤がある職場で働いているものの、もうすぐ子供が生まれる予定だという場合は、別の職場に移ることも検討しなければならないでしょう。ただ、夜勤がある職場に就職をする際に、夜勤ができないということを伝えてしまうと、その時点で選考の対象外となってしまう可能性が高いです。

それに、看護師という職業が高収入が得られる仕事だと言われるのは、夜勤収入が大きいということが挙げられます。夜勤がない職場で働くことができた場合、看護師という資格を活かした仕事に就いたとしても、あまり高収入とは言えない状態になってしまうかもしれません。

ただ、日勤のみの職場でほとんど手当がつかなかったとしても基本的な給料が高く設定されているような職場もあるので、求人情報を探す際にはそういったところを探したいですね。

働きながら子育てもするとなると、保育システムがどうなっているかという点にも注目して職場を探す必要があります。大きな病院ではたくさんの看護師が働いているということもあり、託児所などの保育システムを充実させているところが増えてきました。

ですが、小さなクリニックや診療所ではそういったことが難しく、小さな子供がいたとしても預けるところは自分で探さなければならない可能性が高いです。託児所を完備しているような求人情報は非常に求人倍率が高くなりがちなのですが、気になる職場があったら応募してみてはどうでしょうか。

働くママさん看護師にとって働きやすい職場なのかどうかという点は、実際に働いてみないとわからない場合が多いです。いざ働き始めてから主婦には向かない職場だと感じたとしてもなかなかすぐに辞めることはできないので、転職支援サイトを活用してコンサルタントに相談をしながら職場探しをするのもおすすめです。

看護師が抱えるストレスの問題

全ての職業で言えることですが、ストレスが溜まりすぎてしまうと良いことはひとつもありません。ある程度のストレスは緊張にも繋がり、精度の高い仕事をすることにも繋がりますが、ストレスが溜まりすぎてしまうと思わぬミスを引き起こしてしまうことがあります。

得に看護師という仕事は、小さなミスが患者さんの命を左右してしまうこともあるため、ストレスを溜めこまないような生活をする必要があるのです。

看護師はストレスを感じやすい職業としても知られていますが、その理由のひとつとして挙げられるのが看護師不足の問題です。人手が不足しているために看護師ひとりあたりの作業量や残業が増え、それがストレスに繋がってしまっている人も多いようです。

今の職場で働き続けるとストレスが溜まり続ける一方であると感じているのならば、転職ということも視野に入れてみてはどうでしょうか。働く看護師のことを考えてくれている職場であれば、ストレスが溜まらないような環境作りにも力を入れてくれているはずです。

人手不足の関係でどうしてもそれが難しいという職場もありますが、がんばりすぎて身体を壊してしまったら大変なことですよね。好条件の職場はたくさんあるので、転職をすることでストレスを抑えることができるでしょう。

ストレスを全く感じずに働ける職場はないと言っても過言ではありますが、職場によって感じるストレスに大きな違いがあるのは間違いありません。看護師の数が十分に足りていてサービス残業もなく、福利厚生もしっかりしている職場で働くことができれば、ストレスを抑えることができるはずです。

人間関係でストレスを感じてしまう人も多いですが、働く看護師同士の仲が良く、家族のようなアットホームな感覚で働ける病院もあるのです。看護師はストレスを感じやすい職業だから仕方がない、どこに転職をしても同じことだと考えるのではなく、楽しく働くためにも今よりも良い職場を探してみてはどうでしょうか。