看護師を悩ませる不妊について

不妊で悩まされる看護師が意外と多い?

看護師の8~9割は女性が占めており、妊娠や出産を経験している看護師も多く居ます。 しかし、仕事や人間関係などに悩みを持っていると、精神的な不安が体に影響をおよぼす可能性があります。 そのひとつが不妊症です。

妊娠や出産を希望する女性はとても多いと思いますし、女性にとっては人生の中でもとても大きな喜びとなることです。 精神的にストレスをためこんでしまうと、ホルモンバランスが崩れてしまうことがあります。 そして、夜勤がある職場ですと、肉体的にもストレスが溜まると思いますので、より一層深刻な状態になるかもしれません。

ホルモンバランスの崩れは、肌トラブルなどの美容面、そして生殖機能などに影響が及びます。 生殖機能に影響が出てしまうと、生理不順などの生理トラブル、そして不妊症へ進行してしまうこともあります。 実は、不妊で悩む看護師って決して少なくはないようです。

不妊症の一番の対策は不妊治療を行うことです。 不妊治療には通院する時間を多く必要とすることが基本です。 サービス残業が多く、不妊治療に通うことが困難な場合は、思い切って転職してみるのもありだと思います。

仕事を続けていくということは大切なことですが、一番は自分の体を守るということです。 体を犠牲にしてしまっては、不妊治療以外で自分が看護対象になってしまうこともあるかもしれません。 なので、不妊治療を優先にした生活スタイルに思い切って変えてしまうのも良いのではないでしょうか?

看護師のお仕事はハードなものばかりではありません。 通院する時間を確保するために、思い切ってパートで働いたり、休日がしっかり確保できる職場に転職してみてはいかがでしょうか?

もちろん、転職をするさいには妊娠や出産にかんするフォローなどを、しっかり確認するようにしましょう。 転職サイトを利用すれば、あなたの担当のコーディネーターが、あなたにぴったりの職場を選んで紹介してくれます。 自分の幸せのために、自分の体のために、転職を考えてみてはいかがですか?